トップページ | 2005年9月 »

2005年8月28日 (日)

その6・たまきゅう

九段下のタバコ屋さんの猫。

「たま」なのですが、我々は「たま」だけだといっぱいいるので、後に九段の「9」をつけてみた。
柄も珍しい白にちょっとブチの入った猫。切れ長な目をしていて美人猫です。
寒くないときは外の段ボールで寝ています。

1年ぶりくらいに、先日九段を通りかかったので行ってみたら、ゴン寝でした。
タバコ屋さんのおばさんも「この夏は寝てばっかです」と。
動くと暑いもんね。

0703
SANY0335
VFSH0202

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

はみだし:シー・キャッスル

猫ブログなのですが、ちょっとここでレストランを一つ紹介。

鎌倉に行くと必ず行くドイツ料理の店、「シーキャッスル」。
店を開いてから48周年。
ドイツには何回か行ったことがありますが、本場と同じ南ドイツの美味しい料理が食べられるのはここだけ!と思う私。

まず店に入るとフロアを切り盛りしているおばちゃん(以下・ママ)が「いらっしゃいませ」とちょっとぶっきらぼうな感じ。ドイツのお母さん的な人。
名物とも言えるママで、店に入ったらこの方に逆らってはいけない。
車で来た人には絶対酒をださない。問答無用。
ちなみに取材以外店内撮影禁止。

まずは海が見える席を勧めてくれ、見えるように座る位置も指示を受け、荷物もこちらに置きなさい、とやさしく導いてくれる。
メニューはローストポークやソーセージ盛り合わせのコースか、単品の数々。
もちろんドイツビールも色々揃っている(主に南ドイツもの)。
隣のテーブルは人数が多かったからかアイスバインを丸ごと頼んでいて美味しそうだった。

我々はローストポークのコースとヴァイスヴルスト(白いソーセージ)、コースにはスープ・サラダ・パン・コーヒーが付くので、もう一つパンを頼もうとしたら「ヴァイスヴルストにはポテトサラダが合う」と言われたので、その通りにお願いした。ビールも「こっちがいい」と他のものを勧められたのでその通りにした。
ここで「でも、これの方が」なんて言ってはいけない。
実際にママの言うとおりの組み合わせで食べた方が美味しいし、その後の食の雰囲気にまで違ってくる。
ニッコリと微笑んで「ありがとうございます」とママは奥へ。

ここのシェフはライフ兄弟(Webに載っていた)。2人とも料理をしてないときはチラチラを顔を半分出してフロアを見ているので面白い。兄(おそらく)は髭が見事だ。

私の目当てはヴァイスヴルストもだが、ローストポークの付け合わせのポテト!
このクリーミーなポテトがたまらない!
コースのサラダはザワークラウトの変化系。パンは黒パンのスライス。
ローストポークもやわらかくさっぱり。
ポテトとソースをからめるとまたウマイ!!
量はちょっと多め。
ママも多く頼もうとする人は「食べられたらまた頼みなさい」と言う。残すことは許されない。

最後にデザートを注文。
アップルパイとヨーグルトケーキを頼む。
紅茶はフレーバーティー。コーヒーもケーキに合う濃さ。

ヨーグルトケーキは見た目にキレイでさっぱりとして美味しい。
だが、ここはやはりアップルパイにはかなわない。これも今回のお目当て。
程良いシナモンと周りのちょっとしっかり目のパイが絶妙!ホールで欲しい。

このお店、好き勝手に食べたいって人には窮屈に感じるようだが、
我々みたいにママのキャラクターを楽しみ、南ドイツの料理が好きな人には持ってこい。
ママの「またいらっしゃい」の一言と美味しい料理に、また来ようと思う店なのである。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

その5・江ノ島貴族

本日の江ノ島は見事な晴れでした。
とにかく暑かったです。

夕暮れ時に江ノ島の展望台の麓を訪れたら、噂通り猫たちがお目見えしました。
皆、暑さで寝ている猫達が多かったですが、観光客慣れしていて触られても動じない猫も。
捨て猫問題がある地域ではありますが、体格からして栄養は足りているようです。

まず最初に店の脇に毛がボサボサの猫を発見し、次に交番の隣に寝ている白猫とブチ、
もう少し上がると木の陰にグレーと白の猫(バロン)、
その先には橋の上に起用に寝ているマーブル柄の猫(ポン・ヌフ)、
エスカー乗り場のチリトリの中でねている猫(トラッシュ)、更に上でクーラーの室外機の上で寝ている猫、
塀の上で寝ている猫(ゴンゴン)、エサを貰っている猫たち、とにかく多く目にしました。

人にも猫にもツライ暑さだったに違いない一日でした。


Photo1:バロン
Photo2:ポン・ヌフ
Photo3:トラッシュ
Photo4:ゴンゴン

DSCN3010_640
DSCN3018_640
DSCN3020_640
DSCN3031_640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

その4・阿佐ヶ谷サンダース

昨日、阿佐ヶ谷商店街で出会った猫・シャチ、イルカ、さめはだ。
あくまで勝手につけた名前で、通りゆく人たちは「黒ちゃん」「みぃちゃん」(←こちらも勝手な呼び名だと思われる)と呼んでいました。

この3匹、人なれしていて商店街でご飯を貰っているからか、とにかくデカイ!
特に黒猫2匹はかなりの大きさ。でも触った感じ筋肉質っぽかったです(そして毛並が良い!)
3人兄弟か、目が似ていて皆クリクリとかわいい猫たちでした。

photo1:黒下向き・シャチ、黒上向き・イルカ、奥・さめはだ
photo2:イルカ
photo3:シャチ
photo4:さめはだ

DSCN2981_3
DSCN2979_iru
DSCN2980_c
DSCN2983_same

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月11日 (木)

その3・tomy & Jr.

荻窪Tさん宅の兄弟猫・トミーとジュニア。
家族や近所の方はトントンとジュジュと呼んでます。
約13歳あたりと聞きます。
白い毛がある方が弟のジュニアです。
雨の日に家の外で小さな兄弟が鳴いていたのを飼うようになったとか。

トミーは食いしん坊でちょっと恐がり。ここを撫でて欲しいと指示してきます。
ジュニアはとても賢い猫。夜の散歩をよくご主人におねだりしています。

たまに兄弟げんかもしますが、とても仲の良い猫たちです。

tomy2
jr2
SANY0888

tj03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

その2・おどにゃん

荻窪にいるオッドアイの白猫「おどにゃん」。

ちょっと太めのためポーズによってはトドのように見えてしまうときもあります。
何故「おどにゃん」かというと、オッドアイで性格がおどおどしているのと、「にゃーおん、にゃーおん」と、とにかくよく鳴くから。

丸まるとボールのように見えたりしますが、会うたびに見せるおどにゃんらしさが何ともいえない猫です。

SANY0372
SANY0249
SANY0395

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

その1・マーター

約2年前より道行く所にたまたま出会った猫を撮り続けています。
猫を撮るようになってから歩くことが多くなったり、猫をきっかけに全く知らない人達と話したり近所に知り合いができたり、色々と楽しく面白い日々となっています。
たまたま一回会った猫から、毎日会う猫まで、色々紹介していけたらと思います。

最初を飾る猫は、巣鴨の猫「マーター」。
名前は勝手に付けているので、本当の名前は違ったりもします。
商店街の外猫で「珠ちゃん」と呼ばれていましたが、店の人によっては「みーちゃん」とか皆、好きに呼んでいるようです(私が「珠」なので逆呼び)。
キャバクラの呼び込みの店員に高い高いをされて逃げたり、酔っぱらいの相手など、なかなか苦労もある猫ですが、好物は寿司屋から貰う「甘エビ」のようで、他の人がドライフードをあげても見向きもしません。

猫にとっても今年の夏の暑さは辛いかもしれませんが、その中でも涼しげな所を上手く探しているように思えます。

SANY1530
SANY0295_640
SANY0301_640

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »