« Ritter Sport | トップページ | ドイツ@滞在記・その7「Mittagessen」 »

2006年5月21日 (日)

ドイツ@滞在記・その6「初授業」

4/18(Dinestag)

7時前には起きてしまいました。。。
何時から授業が始まるかもわからないので、
私の部屋から見える学校の入口をちょくちょく見ながら朝食。
8時前くらいに先生らしき人たちが学校に入り始めたので、一度準備して外に出ました。

Dsc00358b



寮の入口に腕組みしているいかにも「寮のおじさん」のような人がドーンと立っていたので、「初めてですが、どこに行けば良いですか?」と聞きました。
「8時半にあそこに来なさい」と寮の中の入口を差してくれたので、また部屋に戻って出直しました。

8時半、降りても誰もいない〜。
その後、寮の事務所のお兄さんが来たので聞いてみると「僕にはわからないからここで待ってて」って言われました。掲示板の張り紙を見ていたら、月曜は8時45分からって書いてあり、寮の事務所の隣には学校の事務所がありました。そこのドアには8時45分〜って書いてあるが、時間が近づいても誰も来ない。

これは待っていてもダメかと一度校舎に行って、入口にいた人に尋ねて先生の部屋に連れてってもらうが、やはり事務所の前で待てとの回答。
そして授業は始まった様子。
このまま授業受けれないのかな〜と9時近くになったら、事務所の人がやって来た。
まずコーヒーを入れていて慌てる様子なし。が、その後すぐに動いてくれた。
他の同僚もやってきたら私が来る事が上手く伝わっていなく、「名前ないわよ〜どこ〜電話して〜」急いで書類などを探してくれた。
それから10分くらい。私はもう「一番下のクラスでいいんだから連れてってくれ〜」と心の中で叫んでいたら、その通りそのあと一番下のクラスに連れて行かれた。

クラスをあけると、日本人らしき人たちが何人か。
寮に入るときに説明してくれた女性もいる。
日本人が3人、男性が1人。
先生はとてもきびきびしているけど、やさしそうな人で、わかりやすく話してくれました。
授業はすべてドイツ語。補足は英語。
その後、ブラジル人の子がやってきました。
もう一人クラスにはいるそうなのですが、本日はお休みのようです。

クラスの後半に先生から「このクラスでいいかしら?」って聞かれて、やっとクラスも決定。
落ち着くことができました。

授業は13時まで。途中30分の休憩と先生によっては12時頃に5分くらいの休憩が入ります。
休み時間、ブラジル人の子に「日本人の中で一人だけ顔が違う」って言われました。
なんでか知らないけど、海外行く度にどっか違う国の人だろうと言われる私。
母と以前一緒にいるときでも、母は日本人だと言われ、私は違う国の人と言われたり。。。
なぜだ??
その日は男性の名前は聞き取れず、結局どこの人かもイマイチわかりませんでした。

とりあえず、授業も無事終わりこれで明日からも授業が受けれるかと思うとホッとしました。
宿題は毎日結構でるようです。

授業後はクラスの子とスーパーで買い物し、マリエンプラッツで一緒にランチ。
マルクト近くでヴルストとザワークラウトを食べました。

その後は本屋や買い物をちょくちょくしながら、歩いて帰ってきたらキッチンに行く気力がなくなってしまい、部屋で夕食することにしました。

Dsc00360b

マルクトとスーパーで買ってきたチーズとハム。
なるべく会話をと、買い物もわざと注文して買いました(その方が美味しいし♪)

さ、宿題しないと寝れなくなる〜。

|

« Ritter Sport | トップページ | ドイツ@滞在記・その7「Mittagessen」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ritter Sport | トップページ | ドイツ@滞在記・その7「Mittagessen」 »