« ドイツ@滞在記/その14「ヤ in Munchen」 | トップページ | ドイツ@滞在記/その16「ミュンヘン発つ」 »

2006年6月26日 (月)

ドイツ@滞在記/その15「留学終了」

4/28(Fri)-A

今日で授業も寮もミュンヘンも最後だというのに雨、そして寒い。

060426_2042_1 昨日あやしいホテルに泊まった「ヤ」はなんとホテルも朝食も酷くて耐えきれず、7時半にチェックアウトをしたと連絡がきました!(驚/笑)とても荷物を預けられる信頼性がないのと、干からびたチーズとスーパーのパン、汚い食器の朝食だったそう。ミュンヘンでこういう所が珍しいので、とても運が悪かったようです。
注:写真は先日寮で作った私の夕食

授業の休み時間、ヤが持ってきた「どら焼き」を皆にお裾分け。だが昨日も日本から持っていった「茶通」を皆にあげてみたのですが不評だったので、タローには「殺す気か?」とまで言われる始末。でも周りがカステラなので、食にうるさいトルコ人もどら焼きには大絶賛。いつも甘いものを控えているシュリーバイス先生も「豆を練った物」と説明したら食べてくれましたた。「Lecker! (おいしい!)」と好評でした。
ヒューリア先生も挨拶に来てくれて、チョコレートを沢山くれて「必ず勉強を続けなさい、メールちょうだい」とアドレスも教えてくれました。
勉強する気がなくなった時にはこの時の事を思い出そう。

マリーは残念ながら辞めてしまうようです。
他の学校に行くというのを日本に帰ってきてから知りました。

授業後、アンケートを書いてシュリーバイス先生とも挨拶して最後の授業が終えました。シュリーバイス先生も他の仕事で今日でこの学校終わりとか。(でも今は復帰しているらしい)
本当に楽しかったし、2週間じゃ足りなすぎる〜!!

午前中、ヤはミュンヘン市内を散歩していました。
もちろん7時半なんて早く出たので、店などはやっていませんでしたが、以下はヤの視点のミュンヘン写真。ずっと晴れてたのに、ここまで寒くて雨は私が来てから初めてです。

Dsc00600_1

フラウエン教会に上ったそうです。こちらはエレベータで上に行けます。
Dsc00640
Dsc00646


Dsc00628

途中でケーキ休憩。
どう見てもアプフェルシュテュディーデルだがクーヘンだと言われたそう。


 

 


レーベンスブロイは先週皆でお昼を食べに来たビアホール。
有名でビール工場も隣にあったそうです。

Dsc00684 Dsc00679

ランチはヤも含めてMAさん、CHIさん、タローと学校近くの専門学校のメンザに行きました。昨日ロザーナが拒否したところです。

学食らしく、とても安くてボリュームがすごい。。。
肉はおいしかったですが、フライドポテトがこれでもかと載っていて、とてもじゃないですが食べれませんでした(写真取るのわすれた)。
タローが英語が解るヤが来たので、世界情勢だの色々話していました。
ただでさえ、彼は早口で話し好き。
米国が世界の文化をダメにしていると散々話した後、ヤンキースの帽子を「これは中国製だからいいんだ」ってかぶってました。狙ってるんだか天然なんだか。

皆とお別れをし、退寮手続きをしてプチ留学生活を終了しました。
こんな楽しいと思えたのは初めて〜ってくらい楽しい2週間。

凝縮されたあっという間の時間でいした。
お世話になりました。

|

« ドイツ@滞在記/その14「ヤ in Munchen」 | トップページ | ドイツ@滞在記/その16「ミュンヘン発つ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ@滞在記/その14「ヤ in Munchen」 | トップページ | ドイツ@滞在記/その16「ミュンヘン発つ」 »