« たまきゅう・再び | トップページ | ドイツ@滞在記/その11「Pinakothek der Neue & Alte」 »

2006年6月10日 (土)

アプフェルクーヘン2&きなこクッキー

ドイツから帰ってきたからお菓子を作ることが多くなりました。
理由は、売ってないから。
日本にあるお菓子はもちろん食べますが、
私が作るものは基本的に売ってない、自分の欲求により作った物が多いです。

その1:アルザス風アプフェルクーヘン
これはネットで調べて作ってみた物。
やわらかいクッキーのような下地に生クリームと牛乳で固めたムースのようなものの中にリンゴが入っているさっぱりしたケーキ。
アルザス地方のお母さんの味だそうです。
私は生クリームが好きではないので、牛乳を多めにしたら、ふわふわプリンくらいになってしまい、崩れやすかったのが欠点。味は良かったので今後中見の固さを研究したいと思います。

Dsc01586
Dsc01587

その2:きな粉とゴマのクッキー
私は異常なきな粉好きなため、きなこの味がしっかりあるものが食べたくて作りました。見た目が餅か白玉にきなこをまぶしたみたいですね。
元々はゴマのクッキーとしてレシピが載っていた物をベースにしています。
結構ずっしりとしたクッキーですが、きな粉の味はしっかりしています。

Dsc01552

その3:きなこクッキー
その2のクッキーがやや重めだったので、軽い感じのきな粉クッキーを作ってみました。口に入れると崩れるようなアーモンドプードルを使ったクッキーを元にしています。アーモンドプードルの部分をきなこにしたので、そこまできな粉の味は強くありません。今回は周りを粉砂糖にしてみましたが、次回はきなこと混ぜてみようかな。

Dsc01619

|

« たまきゅう・再び | トップページ | ドイツ@滞在記/その11「Pinakothek der Neue & Alte」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまきゅう・再び | トップページ | ドイツ@滞在記/その11「Pinakothek der Neue & Alte」 »