« ドイツ@旅行記・その2「Hotel Put in」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その4「ベルリン動物園」 »

2006年7月18日 (火)

ドイツ@旅行記・その3「ベルリンの熱い夜」

昼間街を歩いているとき、フランクフルトとバイエルンの沢山の
サッカーサポーター
を見ました。
当然、今日のホテルのお客さんはそれを見に来ている人が多いらしく、ホテルは満室とか。が、今は皆サッカーにいっているのか、人の気配のない状態だったので、シャワーも混む前に終わらせ、早く落ち着こうと計画。
何しろ昨日の夜行があまり寝れてないから眠くて仕方なかったのです。


Dsc01042 でも、その前に腹ごしらえ。
テレビも共同なので、「誰もいないから好きに使ってしまえ〜」と12畳くらいの共同リビングで、買ってきたパンやハム、トマトなど並べてのんびり夕食。そして見ているのは何故かなつかし〜い「ABBA」のプロモーション(文字が反対にならない)。
このころ我々はあまりサッカーに興味なかったのです。サッカーを見ることもあるが、基本野球が好きだったので。。。


変な振り付けだな〜とつっこみ入れながら見ていたら突然エレベータの到着の音がしまた。振り向くとビール瓶を持った男性がヨロヨロしながら「こんばんわ(Guten Abend!)」って挨拶してきました。
ちょっと怖いかな〜と思ったらまたエレベータの到着の音。
また「Guten Abend!」と今度は見事な髭のおじさん。
一回いなくなったと思ったら、そのおじさんが話しかけてきました。
が、、、すごく訛っていてドイツ語を話しているのも一瞬わからなかった。
「Fussball! Fussball!」と途中から単語を並べてくれ、ようはサッカーに変えていいか?ってことらしい。
ここは逆らわない方がいいだろうと、「どうぞ」とゆずることにした。
と思ったらぞくぞくと「Abend!」「Abend!」と座れない人は椅子までもってやってきて、あっという間に我々は逃げ出せないように(?)囲まれてしまった!!
皆、酒瓶やらつまみやら出してきて、体格の良いおじさん達やその奥さんが約8人くらい。しかも色々な地方から集まってる&酔っているので言ってることが聞き取れない人多し。


もう逃げ出せないなら、がんばってドイツ語で声を掛けてみよ〜!!と一番聞き取りやすい見事なビールっぱらのおじさんに
「どこから来たのですか?」(すぐに出る言葉がこれだけ)と聞いたら
「ん?ドイツ語話せるのか?」
「ほんのちょっとです」
「ほんのちょっとか、よしよし上等だ。どっから来た?日本か?中国か?」
「日本です」
「そうか日本か日本か、じゃぁそこにある水槽の近所、寿司にできるか?」
「もちろんです」
「がははは」
と、陽気な人達です。


Dsc01026 「俺たち(夫婦)はフランクフルトだ、彼はミュンヘン、彼らは○○(聞き取れなかった)、彼はベルリン、そんで〜」
と隣の海賊風の男性(パイレーツのジョニー・デップのよう?なロン毛、開いてる胸元にはじゃらじゃらネックレス)を見た。我々もさっきから気になっていた存在。
「おっとこんな所にギリシャ人が。ドイツ語話すギリシャ人がいるぞ、わはは〜」
この人がキャラとして一番濃いが、一番言っていることがわからない。
本当にドイツ語か??ってくらい最後まで「はい、いいえ」ぐらいしか聞き取れない。


「ところで、君らはどっちの応援だ?フランクフルト?バイエルン?」
Dsc01027 ここでどちらかのチームを言ったもんなら敵対すること必死。チームの事もくわしくないので考えて考えて
「私がフランクフルト、彼がバイエルン」と答えてみました。
途端に「よしよし飲め〜!」とヤはブルーノから無言でビール瓶を飲めって差し出された。ちなみに私は下戸。ヤはコップ一杯程度しか飲めない。
が、ここで断る状況ではなかったので頂きました。
私にも差し出されたが、流石に飲めないのでお断りしたらフランクフルトのおっちゃんに「このワインなら大丈夫だろう。すごくおいしいから、ギリシャワインだぞ。」と持っていた一升瓶より大きい赤ワインをグラスに並々と注がれてしまいました。
もう断るわけにはいきません〜。
「乾杯〜!!」
と、飲んでみたらこれまた美味しいこと♪
「おいしい〜Lecker〜!!」
「そうだろ〜〜♪」


それからは皆サッカーを見てるのか見てないのかって感じでワイワイワイワイ。
「俺たちサッカーが好きさ!だってドイツ人だからな〜!!あ、一人違ったな〜ギリシャ人もサッカー好きか〜?」とハイテンション。
我々は酔っぱらってきて外国語は頭に回らなくなってきて
笑ってごまかすしかできなくなってきてました。
後からやってきた女性がリンゴを剥いてくれて頂き、
我々が使っていた皿も片づけられたり。。。すいません。

そのうち、酔ってフランクフルトのおっちゃんも「日本人は鼻が低いな〜ほら〜低い鼻だ〜ははは」って言われて、奥さんが「やめなさい、かわいそうでしょ」っ言っていてもそれを理解するのは3テンポくらい遅くなってから。
もう頭はスポンジ状。しかも口当たりの良さに2人とも全部飲んでしまった!!


試合が終わって、2人とも酔ってフラフラ。
なのでグラスを洗った後お礼を言って部屋に帰ろうと隣のキッチンに歩いたら、、、私は目が回る、気持ち悪い。もう歩けない〜バッタリ。
おばさん達が「どうしたの?」ってトイレに連れていかれそうになっても途中で全く動けなくり、床に伏せてしまったのです。
全くお酒をご馳走になった挙げ句に迷惑三昧。

おばさんは布巾を濡らして私を冷やしてくれて、
私は朦朧とする頭で「Entschuldigung、Entschuldigung(
すいません、すいません)」だけ何とか言おうと思ってました。

後で聞いたがおっちゃんは驚き、奥さんには
「ほら〜あんたが飲ますからよ!」
「これだけだぞ!」(そりゃそうだ)
「身体の作りが違うのよ!」
とか言ってたらしい。

その後、私は抱えられてベッドに連れてかれ、ヤもそのままベッドに倒れ込み、
ベルリン初日の夜が終了。
意識の遠くで大騒ぎするおっちゃん達の声が聞こえていたような気がしました。

写真を撮れなかったので文字ばっかりですいません!

|

« ドイツ@旅行記・その2「Hotel Put in」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その4「ベルリン動物園」 »

コメント

読ませていただく身には、大変おもしろうございました。
でも、皆さんよい方達でよかったですね。
こうしたふれあいは、言葉がわかればこそですねー。私はど~~もドイツ語はだめです。単語の長さと発音がねえ・・・。イタリア語は発音しやすいので多少わかりますが・・。
想定外に、ドイツ語が出来て、仕事もドイツに関係ある夫(純国産です)と結婚したので私もドイツに行くことが多くなりました。ドイツ語やりなさい!と言われるのですが、脳老化中。最近は、日本語のできるドイツ人の知り合いが増えました。

来週末出発で、今回は24日間ドイツで過ごします。帰国してからまた遊びにきます。つづき楽しみにしています。

投稿: Juni | 2006年7月19日 (水) 15時48分

Juniさん

イタリア語も発音はしやすいですね。
でもドイツ語はローマ字読みに近いので、これも聞き慣れればわかりやすいかも。

旦那さんとお仕事でドイツに行かれるんですか?
色々大変とは思いますが、長く滞在できるのであれば、是非色々見て回ってきてください。ドイツ人の知り合いは私の周りにいないので、語学はちっとも上達しません。
我々も9月に夫の仕事にくっつけてまたドイツに行きます。10日前後で帰ってきてしまいますが。。。

投稿: たまねこ | 2006年7月19日 (水) 16時01分

たまねこさん こんにちは。


夫の仕事といっても、ドイツが研究対象なんです。本屋と図書館に行くと、幸せそうな顔になります。ドイツの大学を卒業してるので、会話に不自由はしないのですが、非社交的なので、列車やお店などで隣り合わせたドイツ人と会話などしようともしない。ドイツ語も使わないと錆びると心配してるくせに・・。
あ、うちもほとんど下戸夫婦です。

ヨーロッパ猛暑のニュースに脅える北国仕様の私です・・。
100円ショップの携帯扇風機で、耐えられるかなあと。エアコンなしのルイトポルトは厳しいでしょうかねえ。
Dホテル、わかりました。写真はきれいそうに写ってましたね。
ベルリンでは、友人宅2箇所にお世話になるのですが、当然エアコンなし。最高気温と最低気温の差があるから、なんとかなるのかしらとも思っていますが。
9月のドイツならもう涼しいでしょうね。

投稿: Juni | 2006年7月20日 (木) 16時42分

本屋と図書館に行くと幸せそうな顔って、私もそうかもしれません。見ているジャンルはきっと違うと思いますが、本屋に行くと落ち着きます。
列車の中では一度しか話しかけたことはありません。私の場合、カタコトでしか言えないし聞き取れないので。。。

ヨーロッパは猛暑らしいですね。100円ショップの扇風機っていいアイデアですね。私も買おうかしら。
気をつけて行ってらしてください。

投稿: たまねこ | 2006年7月22日 (土) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ@旅行記・その2「Hotel Put in」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その4「ベルリン動物園」 »