« ドイツ@旅行記・その9a「マイセン・大聖堂」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その10「再びドレスデン」 »

2006年8月26日 (土)

ドイツ@旅行記・その9b「マイセン・追記」

大聖堂の興奮冷めやらぬ、ですがカフェで休憩。
ここは今回の旅行で一番美味しかった!!
そして一番安かった!!
確か、コーヒーとケーキで2.0EUROくらいだったかな?

Dsc01268

美味しくて、ヤはついもう一つ注文してしまいました。
左はベリータルト、右はアプフェルクーヘン
Dsc01265
Dsc01266

Dsc01267 ドイツではケーキにフォークが刺さって出てきます。
そういえばどうしてなんでしょうか。
食器の音を運ぶときにさせないためでしょうか?
日本でこう出てきたら確実にクレームですね。

←アプリコットクーヘン

と、ここで散歩中の猫発見!!
やっとTamaTamaNekoとしてのネタが。。。
ドイツは犬も猫も登録がしっかりしているので、ノラは基本的にいません。
ですので、外で見れるのはだいたいお散歩中の猫。
Dsc01269
Dsc01275

マイセンの陶磁器は高かったので買えませんでしたが、
その代わりにレース屋さんで陶磁器と同じような絵のものを買いました。
青いのもテントウムシの方、色や刺繍がとてもキレイ♪
Dsc01518
Dsc01520

Dsc01526_2


この猫はおまけでくれました。

猫好きとしてはなんてラッキー♪



Dsc01279

きっと日本のツアーでは陶磁器工場だけなんでしょうか、街に日本人はみかけなかったような。

魅力いっぱいで、とても充実の一日で、
忘れられない旅の一つとなりました。

 

|

« ドイツ@旅行記・その9a「マイセン・大聖堂」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その10「再びドレスデン」 »

コメント

たまねこさん、お久しぶりです。24日に帰宅しました。すっかり秋の気配のドイツでしたが、まだ真夏の日本ですね。締め切った部屋は37℃もありました。

で、このマイセンのお店、2000年の夏に行きました。懐かしいです。この、マイセンの陶磁器を運搬するために一緒に入れられたパリパリのお菓子も食べました。どうやって作るのか、わからないんですけど。

再建されたドレスデンのフラウエン教会に、今回入ってきました。もともとああいう色彩の内部装飾だったようですが、あんまり好きじゃないです・・・。工期や、金銭的な問題もあったかと思いますが、なんかねえ、安っぽい感じでした。

投稿: Juni | 2006年8月27日 (日) 22時43分

Juniさん、おかえりなさい!!
ドイツは寒かったですか?
日本が暑くてよくわからなくなります。
フリースとかも持っていった方がよいのでしょうか。

ドレスデンのフラウエン教会行ったのですね。
そうそう、「これがオリジナル」ってよく塗り直しているのがあるのですが、私も好きになれません。
なんだかぺた〜っとして安っぽい。

投稿: たまねこ | 2006年8月28日 (月) 13時20分

ドイツは、暑くて寒かったです・・。なんせ、一日の温度差が15℃くらい変動しますし。日差しが強いので、晴れていると暑いのですが、雨だったり、朝晩だとひ~~~んやり。
あちらは、皆さん自分の感覚で洋服選ぶから、様々な服装でした。8月初めでも皮コート、フリース、ニットのセーターもいれば、タンクトップや、キャミソール系もいるし・・・。

9月の旅行はいつごろで、どのあたりかしら?ヤフーの世界の天気のドイツを見てると、なんか、めちゃくちゃですね。気温。でも、日中の温度差がきついので、暖かいものは必要と思います。私は、七分袖の薄手のジャケットを持っていきましたが、こんなんじゃあ寒かったです。ミュンヘンで発熱した夫は、ジャンパーを購入し、ずっと愛用。(荷造りの際、夏だからそんなもんはいらん!!と豪語して持たなかった)9月はきっと寒いと思いますよ。

ベルリンでお世話になったご夫妻は、日中外出して、夕方にいったん帰宅。夜の温度にあわせた服装に着替えてからお出かけ。今年は秋が早いと言ってました。

投稿: Juni | 2006年8月29日 (火) 12時42分

Juniさん
書き込みしていただいた日に出発しました。
なので遅くなりました。

思ったほど寒くなく、ラッキーにもあまり温度差も感じず良い天気でした。
8月はクレイジーな天気だった、と在住の方々は言っていたので、本当に私は運が良かったです。
ただし、ヤがいるベルリンだけはずっと天気わるかったそうな。
日中と夜の服装を着替えるのは頭良いっすね。
今度そうしようかな。

投稿: たまねこ | 2006年9月11日 (月) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドイツ@旅行記・その9a「マイセン・大聖堂」 | トップページ | ドイツ@旅行記・その10「再びドレスデン」 »