« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年11月27日 (月)

夏@ドイツ旅行記10「ブレーメンの音楽隊」

またまた間が空いてしまったらもうすぐ12月。
ドイツではクリスマスマーケットがそろそろ始まる時期。。。
ですが、懲りずに9月の続きを書きます。

-------------------------------------------------------------------------------
ブレーメンに着いてからは昨日のミュンスターとは違って快晴。
昨日といえばブレーメンに着いて、駅から5分くらいのホテルに着いたらまた疲れて寝てしまいました。
今回泊まる所を変える度グレルマンさんに連絡入れているのですが、初日はおばさんからその街のお薦めを言われても聞き取れなかったけど、だんだん慣れてきました。

ブレーメンの中央駅は規模も含めて東京駅に似ています。
駅のインフォメーションで地図を貰っていざ出発。
ブレーメンといえば、音楽隊。なので、まずは像をめがけて街の中心へ。

店が建ち並ぶゼーゲ通りの入り口にはブタと笛吹の像が。
子供が乗っかって遊んでいました。
Dsc02247

Dsc02250
思ったよりブタの数が多かったです。



中心に近づくと、大きい建造物が見えてきます。

まず見えてきたのがリーベンフラウエン教会
Dsc02251_1 ブレーメンで最古の教会で1042年に起工。
でも残念ながら中に入れるのは11時からなので、後にします。

Dsc02253

というわけで広場到着。
まず聖ペトリ大聖堂が目に飛び込んできます。
Dsc02258

そして市庁舎。左はリーベンフラウエン教会。
Dsc02262_1


Dsc02259 10メートルあるローラント像。
街を守る勇者であり、自由の象徴でもあるそうです。
市庁舎と一緒に世界遺産に登録されました。

とにかく教会も大聖堂も市庁舎も大きい!
空間もあるせいか、とても大きく感じます。










市庁舎の正面の小道を入るとベットヒャー通り。
Dsc02264
Dsc02265

コーヒー商人、芸術保護者のルートヴィヒ・ロゼリウスが中性の町並みを再現するため1904年から芸術家などを呼び作った通り。小さなお店や喫茶、美術館などが立ち並ぶ雰囲気のある通りです。
入り口から音楽を奏でている人たちがいました。
Dsc02269
Dsc02268

ここの目玉のグロッケンシュピール(右)。マイセン陶磁器で出来ているそうです。音楽が奏でられるとき、左手に世界の海洋を制服した人達の肖像を見ることが出来たそうだけど、気づきませんでした。


Dsc02266_1 通りのおもちゃ屋入り口にあるブレーメンの音楽隊の人形。本物の像より先に見つけてしまった。。。そして結構かわいいので、他の人も皆記念撮影していました。

ここで、写真を頼まれ日本人だったのでお互い記念写真を撮りました。彼女は1ヶ月ドイツ語学校に行った後、旅行してまわっているそうです。朝、インフォメーションでお会いしましたね。








さて、中心に戻ってきて市庁舎の脇に見つけました、本物のブレーメンの音楽隊の像。さすがは観光地の一番名物。写真を撮るタイミングが難しいほど人がやってきます。

Dsc02274 下からロバ、犬、猫、鶏。足を触ると幸せになるっていうので皆ロバの足をつかんで記念撮影。なので、足はピカピカ。

私も後に観光客のおじさんを捕まえて、写真を撮って貰いました。

しかし、ブレーメンの音楽隊ってブレーメンには着かなかったんですね。
ブレーメンを目指して結成した音楽隊って事で、音楽というのも皆の泣き声の事なのです。




| | コメント (0)

2006年11月 2日 (木)

夏@ドイツ旅行記09「ミュンスター」

すっかり間が空いてしまいました。
そうこうしているうちに旅行から2ヶ月。。。
カメの歩みではありますが、最後までアップしてきたいと思いいます(もう冬か!?)

9/3(日)
お世話になったチーの家、デュッセルドルフを後にし本日はブレーメンに向かいます。せっかくジャーマンレイルパスを持っているので途中下車をしたくなり、ミュンスターで一度降りることにしました。
が、乗ったICが昔の車両で喫煙車が多く臭い事、、、結局座る所はありませんでした。

1時間半ほどしてミュンスター到着。
本日はあいにくの雨。そしてチーの持っていたガイドブックにはミュンスターはやや治安ん悪いと。。。学生の街だからだとか。
とはいえ、治安が悪いと書いてあったデュッセルドルフが全く何事もなかったので気にせず出発。にしても人が少ない。さすが日曜日。

Dsc02150

Dsc02158

途中で歩いていても不安になるほど人がいない。雨ということもあって
駅の後やっと中心地で人に会いました。


↓ランベルティ教会
残念ながら中には入れません。
1150年施工(私が一番好きなタイプの教会なのに)
Dsc02156_1
Dsc02152




Dsc02155



この町で一番の見所は天文時計のある大聖堂(Dom)。
さすがに観光客が増えます。
Dsc02164_1

ドイツの代表的なゴシック様式の大聖堂。
かなり大きく、複雑な作りをしてました。1225年施工。
Dsc02169_1
Dsc02172

天文時計 天気も悪いせいか、とても暗くてそれが年期を感じます。
Dsc02175

この時計の周りはいつも人だかり。
Dsc02177

左はDom内、右は中庭の回廊
Dsc02184
Dsc02199

ミュンスターは小さい町だけどとにかく教会が多い!
というわけで今日も教会巡りです。

リーブフラウエン教会
1040年からと、かなり古い。
Dsc02185
Dsc02190

歩く道にもMünsterを見つけます。
Dsc02202
Dsc02210

Dsc02208 途中で入ったパン屋さんでケーキセット、3ユーロ。
こちらは何でケーキにフォークが刺さってくるのでしょう。単に運ぶときに落とさないようにでしょうか。合理的な考え方のドイツならあり得るか!?



聖セルバティ教会。
こじんまりとしていて居心地が良かったです。
Dsc02211
Dsc02214

この教会の前では、おじいさんに呼び止められ話を聞いてたら「財布を落としてコーヒーも飲めないから2ユーロくれ」という典型的な物乞い。
身なりが普通すぎたので、思わず話しを最後まで聞いてしまったけど、ドイツ語わからないフリして離れました(笑)


小さいけど超度派手な教会。
クレメンス教会。1745年施工
Dsc02216_2

Dsc02217

小さすぎて写真が一部分しか撮れません。
Dsc02223


プファール教会。1178年施工
Dsc02229_1
Dsc02233

細かい教会を入れたら何個まわったか、、、と今日も歩きまくりました。

Dsc02239 夕方駅で時刻表を見ていると、予定の電車と全然違い表示が。。。
しかも表示は変わりまくる。

駅員に聞いても「2番線に行け!あなたの電車は○時発だ」と言われて行ってみると、ホームには「今日は変更あって○番線でいつもの○時発は何時に変わった」など張り紙。で、そのホームに行くと「その電車は他の所に来る」だの情報がメチャメチャ。周りの人もあちこち移動して駅員に聞いてと、うごきまわっていて、私もスーツケース持って動いたのでかなり疲れてしまった。
しかも雨が強くなって寒い。。。結局一時間近く遅れて電車はやってきた。
なんだか今日はイマイチだな〜と思ってブレーメンに向かっていると、
到着頃には快晴。
明日も晴れるような気がします。
Dsc02240_1

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »