« 夏@ドイツ旅行記13「シュノーア地区」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記15「ゲッティンゲン再び」 »

2007年2月17日 (土)

夏@ドイツ旅行記14「その頃ベルリンで」

私がフラフラしている間、ヤはベルリンでIFA2006(オーディオショー)の取材に行っていました。
ベルリンはずっと天気が悪く、最終日近くやっと晴れ間が見えたそうです。
↓案内で同僚をジーゲスゾイレへ。私は行ったことなし。
Dscn3553
Dscn3555

Dscn3568
一人で行く事の多い取材の中、今回は人数が多かったので順調に仕事が出来たようです。が、三つ星以上のホテルを取ったはずなのに、インターネットのサーバーサイズが小さくて、すぐダウン。記事はプレスからしかアップできないというアクシデントもあったようです。

Dscn3569 前回私もベルリンに泊まったときのホテルと同じタイプのバスルーム。(しかもこんなに綺麗じゃなかった)

洗面台、トイレとシャワールームの境目が床にありません。当然シャワーを浴びれば全体水浸し。
その後のトイレとかはどうすればいいんでしょう。







そして、ワールドカップに合わせて作られた中央駅。
春に来たときはまだ工事中で、ツォーロギッシャーが中心だったのが、完成していてちょっと味気ない。しかも周りに何もなかったような気が。
Dscn3577

Dscn3575
Dscn3581

とはいえ、ベルリンはドイツの首都ですから最先端を行かないといけないかもしれませんね。でもちょっと東の名残が残るような建築にして欲しかったのは私だけでしょうか。

では、ゲッティンゲンで会いましょう。

|

« 夏@ドイツ旅行記13「シュノーア地区」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記15「ゲッティンゲン再び」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏@ドイツ旅行記13「シュノーア地区」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記15「ゲッティンゲン再び」 »