« 夏@ドイツ旅行記14「その頃ベルリンで」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記16「デューダーシュタット」 »

2007年2月20日 (火)

夏@ドイツ旅行記15「ゲッティンゲン再び」

今日はゲッティンゲンに向かいます。
ブレーメンからはハノーファーを経由して行きます。
↓ブレーメン駅構内。カラフルな絵が横に続いていて、明るい印象。
Dsc02381


Dsc02383
Dsc02384
ゲッティンゲンはニーダーザクセン州。この電車ではゲッティンゲンまでいきませんが、Niedersachsen ist am Zugとその州の電車の名前が付いてました。
では、ブレーメン出発〜♪

と、電車が遅れ予定していた電車にこのままでは間に合わない状況に。。。
が、ハノーファーで猛ダッシュ!なんとか間に合い予定通りゲッティンゲンへ。
駅にはグレルマンさん夫妻がホームで待っていてくれました。
ドイツはホームに入るのは無料です(改札ないですから)
4ヶ月ぶりの再会です。良い天気がさらに気持ちよく感じます。

ヤは約2時間後くらいにベルリンから来る予定なので、その間街の中心地へと出かけました。

Dsc02389

Dsc02392
Dsc02393

商店街(?)にはストリートミュージシャンもよく見かけます。
「彼らのように芸術を愛す若者がいることは良いことだ」と、カールもアンネも芸術家に慣用です。

そんな研究好きのプロフェッサー・グレルマンが連れてきてくれたのは、写真展。旧市庁舎で若手写真家達の展示をしてました。
おじさんたら私を「学生一枚」って言って買ってました。
しかしやはり5月に比べておじさんもおばさんもよく話す。
会館の人とも「この子は日本からのゲストだ。ドイツ語勉強中でね、、」と説明しまくってました。
Dsc02394
で、この写真展は世界中の人々や生活を写したもの。
だけど日本は昭和のストリッパーや秋葉とかの写真。誤解してないか??

1時間半くらい見て、再び駅に戻ります。
街を代表する聖ヨハニス教会は残念ながら修復中。
塔の上には住んでる人が少し前までいたとか!?
Dsc02396

それにしても私が着いた時は快晴だったのに、ヤが迫ってきたら曇り空。

Dsc02397_1 ホームで私にドイツ語の説明をアンネがしていると、通りすがりの人がアンネに「あなた、英語で説明してあげないとダメよ」って声を掛けてきた。
「いやいや、この子はドイツ語勉強中だからこれでいいのよ」
「あ、そーなの?」
と、そこから怒濤のごとく2人は話し込み始めた。
そのうちカールもやってきて会話に参加。
何故に知らない人同士がこうも話ができるのだろうか???
←ヤ、到着。


さて、今回はあまりご迷惑かけないためにホテルを取った。
これに関しては電話と手紙で再三説明をしたが、やはり火種になってしまい、グレルマンさんの家に着いた途端大混乱。
おじさんは速攻ホテルにキャンセルの電話をするわ、おばさんは怒ってる。
海外の親しい友人を訪ねる時、泊まらないのは失礼にあたるって読んだのはトルコの本だったが、ドイツもだっただろうか。

Dsc02403_1 結局今日の分のホテルはキャンセルできないので、明日分をキャンセル。
国際電話でホテルを提案した義母とアンネが話し合い(というか怒られていた義母。「もう二度と言わないわ!!」と半泣き)やっと何とか収まって無事お茶の時間となりました。

←相変わらず美しい庭。



家庭菜園もしっかり行われていて、スイカの大きさのカボチャまで。
Dsc02400_1
Dsc02404


そしてアンネ特製のケーキ♪チーズケーキと卵のケーキを出してくれました。
チーズケーキでしたが日本では見ないタイプ↓。
クワァークのケーキで軽い味だからどんどん食べれてしまう!
結局ヤと2人で帰るまでに全て食べました。
Dsc02405_1

|

« 夏@ドイツ旅行記14「その頃ベルリンで」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記16「デューダーシュタット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏@ドイツ旅行記14「その頃ベルリンで」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記16「デューダーシュタット」 »