« 夏@ドイツ旅行記17「思ひ出の教会」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記18「ハン・ミュンデン」 »

2007年5月29日 (火)

三百年目の展覧会

Dsc03703

イラストレータ、イシイリョウコさんの展覧会に行って来ました。
展覧会の題名が「三百年目の五月に」というとおり、会場は中央本線・藤野にある築300年のイシイさんの祖父母の家で開かれました。
普段公開されていない、現在も住まいとして使われているお家です。

Dsc03674
Dsc03681

1707年に建てられたそうで、富士山噴火の時にも残った物らしく、
火鉢にその灰が残っているそうです(何と見忘れた)
昭和46年に国の重要文化財に指定されています。

そこにイシイさんの作品がとても合っていました。
色使いがとてもきれいで、少し不思議な人形達。
1点ものの作品は販売されていて、後でと思っていると売れてしまったりしていました。

3日間の展覧会中、土曜は音楽会、今日は美味しい物デーと「手打ちうどん+ドルチェ」が予約で食べれました。
Dsc03688
Dsc03692



コシのあるおうどんと美味しい野菜、そしてかわいらしいドルチェのクッキーには300の文字が!パンナコッタ(?)のようなのがお酒が効いててとても美味しい!!

腹ぺこだった私たちは勢いよく食べてしまいました。
実は、私たちは「藤野」と「藤沢」を間違え東海道線の藤沢に行ってしまいました。そこで地図などを見直して「あれ?藤野って???」となり調べたら中央本線!!ぐるりと電車の旅をして予約より2時間近く遅れての到着となり、お腹が空いていたのでした。
お笑いネタを作ってしまった。。。

友人は人形を、私はポストカードを購入。
イシイさんご本人ともお話できて、とてもやわらかな雰囲気の方でした。
人形を買った人にお礼にとサラサラ書くイラストがまたかわいい!
このお家には3歳頃まで住んでいらしたそうで、ご姉妹と「小さい頃トイレ行くのが怖かったよね」など話してらっしゃいました。
Dsc03676
Dsc03677

地震の多い日本では、なかなか古い家を残すのが難しい所もありますが、
一つでも多く残っていてほしいです。
今日はアートに建築にと、そしてきれいな空気と美味しい食べ物。
すべてがお腹いっぱいな一日でした。
Dsc03699
Dsc03693

|

« 夏@ドイツ旅行記17「思ひ出の教会」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記18「ハン・ミュンデン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏@ドイツ旅行記17「思ひ出の教会」 | トップページ | 夏@ドイツ旅行記18「ハン・ミュンデン」 »