« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

夏@ドイツ旅行記18「ハン・ミュンデン」

懲りずに旅行記も続きます。あとちょっと。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

Dsc02540 教会の近く、川沿いのカフェで軽く食事を取りました。
しかし、今日はとてつもなく暑い!!そして「蚊」にも好かれる私は「蜂」にも好かれる。。。自然と共存しているおじさんは「怖がるからダメなんだ」というけど〜〜気になるんです。炭酸飲料が飲めないのとあまりの暑さにコーヒーを注文せず、りんごジュースを飲んだのがまた間違いで、結局ジュースの縁に蜂が集まり、そのままジュースの中にまで入り込んで飲めませんでした。
私は炭酸水が全く飲めないので、こちらヨーロッパでは苦労します。微炭酸だから、と飲んでみてもダメでした。

さて、車ごと川を渡って次の行き先に向かいます。
Dsc02541
Dsc02544


車で行くこと1時間ほど、「ハン・ミュンデン」に到着。
ここはメルヘン街道の一つ、約600年前の木組みの町並みが続きます。
Dsc02548
Dsc02559

市庁舎です。近くのインフォメーションがあり、日本語パンフレットもあります。
Dscn3616
Dscn3617


中心にある聖ブラジウス教会
Dscn3625

Dsc02560 残念ながら中を見ることはできませんでした。
開いている時間などが書いてある標識を見ていると、
他の観光客が「何曜日って書いてあるから入れるのではないか?」と言い出して、そのまま何人かの人々が言い合い(にしか見えない)。もちろんグレルマンさん達も参加で、時にはケンカしているようにも見えました。でもこれが普通なんですね。






教会広場もキレイです。どこにいっても木組みの家でがかわいい。
Dsc02562_1


町で売られている野菜も色とりどり。Kohlrabiって初めて見ました。
キャベツの一種だそうだが、どうもかぶっぽい。
Dsc02569
Dsc02568


裏路地の散歩もまた楽しい。右は1528に建てられた、中世最後の建物。木組みの中でも珍しい造りだそう(どう珍しいかは忘れました)
Dsc02571
Dsc02581


フルダ川も綺麗で空気が気持ちが良いです。
右はヴェラ川のヴェラ橋。
Dsc02574
Dscn3613



Dsc02577 散策したら一休み。
またアイスです。


| | コメント (2)

2007年5月29日 (火)

三百年目の展覧会

Dsc03703

イラストレータ、イシイリョウコさんの展覧会に行って来ました。
展覧会の題名が「三百年目の五月に」というとおり、会場は中央本線・藤野にある築300年のイシイさんの祖父母の家で開かれました。
普段公開されていない、現在も住まいとして使われているお家です。

Dsc03674
Dsc03681

1707年に建てられたそうで、富士山噴火の時にも残った物らしく、
火鉢にその灰が残っているそうです(何と見忘れた)
昭和46年に国の重要文化財に指定されています。

そこにイシイさんの作品がとても合っていました。
色使いがとてもきれいで、少し不思議な人形達。
1点ものの作品は販売されていて、後でと思っていると売れてしまったりしていました。

3日間の展覧会中、土曜は音楽会、今日は美味しい物デーと「手打ちうどん+ドルチェ」が予約で食べれました。
Dsc03688
Dsc03692



コシのあるおうどんと美味しい野菜、そしてかわいらしいドルチェのクッキーには300の文字が!パンナコッタ(?)のようなのがお酒が効いててとても美味しい!!

腹ぺこだった私たちは勢いよく食べてしまいました。
実は、私たちは「藤野」と「藤沢」を間違え東海道線の藤沢に行ってしまいました。そこで地図などを見直して「あれ?藤野って???」となり調べたら中央本線!!ぐるりと電車の旅をして予約より2時間近く遅れての到着となり、お腹が空いていたのでした。
お笑いネタを作ってしまった。。。

友人は人形を、私はポストカードを購入。
イシイさんご本人ともお話できて、とてもやわらかな雰囲気の方でした。
人形を買った人にお礼にとサラサラ書くイラストがまたかわいい!
このお家には3歳頃まで住んでいらしたそうで、ご姉妹と「小さい頃トイレ行くのが怖かったよね」など話してらっしゃいました。
Dsc03676
Dsc03677

地震の多い日本では、なかなか古い家を残すのが難しい所もありますが、
一つでも多く残っていてほしいです。
今日はアートに建築にと、そしてきれいな空気と美味しい食べ物。
すべてがお腹いっぱいな一日でした。
Dsc03699
Dsc03693

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

夏@ドイツ旅行記17「思ひ出の教会」

こうなったら間が空いても最後まで。。。
--------------------------------------------------------------------------------------------
グレルマンさん宅から歩いて10分くらいのホテルに泊まりました。
昨晩は夫妻に送ってもらい、その間ずっとドイツ語を教わってました(とっても基礎な事でしたが、ためになりました)ホテルは特に何も問題なく、というか、疲れて寝てしまったので部屋の印象はあまり残ってません。

朝食ルームです。
定番の朝ごはんですが、チーズやヨーグルトも美味しかったです。
Dsc02474
Dsc02470

所々に鶏グッズ。そして看板犬もいました。
Dsc02473
Dsc02478
このホテルは夫妻はあまり好きではないようで
「今晩のホテル・グレルマンは最高よ」と言ってました。(確かにグレルマン家は最高です)

さて、今日は車であちこち廻る予定がたっているようですが、私たちは大体わかっていません。その日のお楽しみとされているのです。
車に弱い私は早速酔ってしまいましたが、何とか最初の到着地へ。
かなりの山を登ってきたようです。
Dsc02482

クロスター教会です。Klosterkirche St. Lippoldsberg
Dsc02493

工事中の箇所も多かったので、写真は一部。
内部は白い石造りでとても美しい教会でした。地味といえば地味ですが、
この何もないのが雰囲気を独特のものにしています。
Dsc02483
Dsc02489

中では賛美歌を歌ってました。
外も中世の建物のようでかっこいい、12世紀に作られた物です。
Dsc02484
Dsc02481



次の目的地も教会です。
ここはサイクリングコースとしても訪れる人が多いらしく、観光客がとても多かったです。周りに川と芝生が広がり天気も良いのでとても気持ちが良い所です。
グレルマン夫妻も若い頃サイクリングに来たとか。この起伏の激しい所をすごいです。ゲッティンゲンから2時間くらいと言ってました。
Dsc02524_1

と、ヤが何か思いにふけってました。
小さい頃来た教会だと思い出したのです。その中でもお気に入りの一つとか。
クロスター教会 Klosterkirche St. Bursfelde(名前は一緒ですが場所は違います)

Dsc02527
Dsc02528

外観は先ほどの教会に似ていますが、内装は天井が木と珍しい作り。
こちらもまた趣が違う雰囲気を醸し出しています。
かなり大きめの教会です。
Dsc02516_1
Dsc02502_1


小さい頃、ピクニックで皆で来た場所だったようです。
お弁当食べたら気持ちよさそう。

Dsc02536



| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »