« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月22日 (金)

モナッコ動物園

ヤは年に何回か海外出張をする。
その度に我が家は電話代に悩まされるのだが、Skypeというのを使うと無料になることを先日知り、導入してみた。ネットの繋がり具合にもよるが、これがタダってすごいなぁ。(知るの遅い!?)

そんなヤが去年モナコ出張に行き、動物園の写真を送ってきた。モナコには2日半くらいしかいなかったのだが、異国情緒にひたっていたのはほんの少しで、すぐに熱海に見えてきた、との本人談。
Dsc_1640


それでは、個性的な動物たちをご堪能ください。
Dsc_1670

Dsc_1671

Dsc_1675

Dsc_1679

Dsc_1697

Dsc_1682

Dsc_1686

そして、動物園ではないのですが、道で見たこのうさぎ達。
ヤの一番のお気に入りです。
Dsc_2019

| | コメント (4)

2008年2月16日 (土)

TOTO

昨日昼間に食べたコショウたっぷりのスープは、たっぷり入れすぎて胃の調子悪し。。。
忙しいと、ブログがアップできない時もあるが、現実逃避にアップしたくて仕方なくなってもくるんです。そして写真は我がi-tuneの一部。私の嗜好は以前のクラシック同様他も偏っております。
Toto

TOTOといってもトイレじゃありません(お決まり)。「アフリカ」や「ロザーナ」が有名なもうすぐ結成30周年を迎えるバンド名です。もうすっかり全員がクマのごとくの体型に、いいオヤジ集団です。このバンドについて語ると朝になるので語りませんが、昔から私にとってTOTOは一番です。
私はビジュアルで好きになることはないし、歌詞は聴き取れないので(音楽学校行ってると、音を追うクセがあり、歌詞は入ってこないんです)音楽が好みの基準。しかも和音進行とかが変なのはダメ。そんなオヤジ達が来月来日!!しかーし、今回他のミュージシャンとの共同開催のため、チケット高い!そんなじゃすぐにはチケット売れないだろうとタカをくくっていたら、あっという間にSold out。追加公演でやっと買えました。
デビット・ペイチが国外ツアーには出なくなったも残念だというのに、今回はマイクもケガでいない。なんだよそりゃって思っていたら、マイクのピンチヒッターは仙人のような風貌のリー。今からもしあったら「髭さわらせてください」って英語を練習しておこう。

ちなみに日本のファンはグラミー賞を取った頃の「TOTO」好きが多いので、新しい曲で盛り上がる人は少ないです。私はどちらも好きで、ドラマーもサイモンもジェフもいいと思うし、昔の曲はもちろんいいけど、今の曲も円熟味が増して音楽として面白いと思うのです。だいたい30年も同じ方がどうなのだろうか。是非とも現在人気のあるヨーロッパでのコンサートに行ってみたいです。

 

もちろん来月は盛り上がるぞ!!

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

睡魔と寒さとの格闘中

080214_1631 寒いです。眠いです。
ストーブをかかえていますが、手足は冷たいまま。今日はこの天気の良さに、外に出たくてうずうずしていても、仕事はたんまり、マンションの排水溝点検清掃のため、午後は在宅を余儀なくされるし。何とか明るい内には脱出をと思っても、今日中に郵便を出さなければいけない書類が未だ出来てない。そしてお腹が空き眠気が、、、、

というわけで、冷蔵庫を見ると冷凍のご飯すらなく、肉も魚もない。。。最近ヤも遅くて夕飯食べないからか、すっかりサボリぎみ。とりあえずソーセージと野菜が残っていたのでスープを作りました。コショウたっぷり入れて一時目が覚めましたが、やっぱり眠い。朝方にもうそろそろ寝ようと思っていたら、すぐ返事しないといけないメールがドイツから届いて結局布団に入ったのはヤが起きてから。うぅ、がんばろ。。。

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

しもやけ

Dsc06231 先日の雪はすごかったですねsnow。溶けきっていないところにまた先日雪。そして今度の週末もとか、、、
道路は凍って自転車走りにくいし、しもやけは家にいると出来放題(先週足の指6本中12個あった)。夏は虫が苦手だからイヤだけど、冬の寒さもなぁ。そんな雪の中でもノラのお猫様たちはたくましく生きていたのだから(あくびしてた)見習わなければ!
おどにゃん達のいるエリアも工事中でずっと見かけませんでしたが、先日ヤが元気な姿を発見。良かった無事で。

ところで、ブログにこのようなアイコンcatが付けれるのを初めて見ました。他の方のブログでは見ていまいましたが、いつから出来るようになったのだろう。

この瞳がなんとも。そして↓ではこの子が後ろにいます。


Dsc06229

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »