« 展覧会に猫 | トップページ | EURO2008 準決勝 »

2008年6月23日 (月)

語学への遠い道のり

Fussball01EURO2008もとうとう4強が出揃い、バレーボールが始まり、交流戦は昨日で終わり、、、とスポーツ好きとしてはネタはつきなくて、全部見たいですがそんな時間ももちろんなく、ニュースで一喜一憂しております。

最近は仕事とアトリエ準備で引きこもったり外で走りまわったりと、何から手をつけていいのやら。忙しくなると、問題なのが語学を忘れること。ちゃんと一定期間学校行ったりしていない私は、つまみ食いでの勉強のせいか忘れるペースはまるで子供並。いい加減きちんと勉強しなければと思いつつ、目の前の事でいつも後 回しにしていますが、現在メールのやり取りだの何だのとドイツ語を使う以上やらなければいけません。

学校に行く時間はないので、試験を目指すのと、インターネットラジオをかけるようにしているのですが、もともと語学が大の苦手なので吸収も遅いです。何しろ先に実践を経験したせいか、去年少しだけ行った日本のドイツ語クラスで、
「あなたは文法がなってない!もっと真面目に勉強しなさい!」
と叱られ、ドイツにいるときは
「文法がある程度出来てるから単語をもっと覚えるといいわね〜。イタリア人とか見てみなさいよ。文法なんて出来てないからそれでいいのよ!」
と。そう言われるとズボラな私はすぐ後者を選んでしまいますので、いい加減なまま。これではいけな いので色々方法を考えたりするのですが、ドイツ語は格変化があり覚えることがいっぱいなので、まずはとにかく覚えることか?語学オタク「ヤ」に押されながら、1歩進んで3歩下がりながら勉強中。「好きな物を読む」が良いとも言われるので、またサッカー記事でも触りだけ読んでみようかと。というわけで、バラックがんばって勝ち上がってね。

|

« 展覧会に猫 | トップページ | EURO2008 準決勝 »

コメント

たまねこさん こんにちは。
久々の更新ですねー。

ヨーロッパの言語で腹立たしいのは女性名詞と男性名詞という意味不明の分類による語尾その他の変化ですよね。なんのためにこんなわけ方したんじゃ!とさかのぼって追求したくなります。ドイツは中性名詞もあるんですよね?イタリア語を習っていた際、覚えの悪さを棚にあげて、講師に八つ当たりしてました。語尾を揃えて韻をふむのは聞きざわりが良いので理解できますが、なんで名詞に性別が必要なんだ?と思ってしまうのです。

私も語学は単語力と思います。旅行程度なら文法など間違っていても単語が出てくればなんとか会話できますもの。でも、検定や仕事、留学など目指す場合は文法が大切なんでしょうね。たまねこさんは実践も多いから両方必要なんですねー。

私、一日一語暗記しようと思いましたが・・・・な~~~んにもやっていないのでした・・・・。今年も半分終わったんですね・・・・・・。

投稿: Juni | 2008年6月24日 (火) 18時15分

たまねこさん、こんにちは。
語学・・習うより慣れろの方が実践にはよい気がしますが、日本での教え方はどうしても文法優先で、間違いを恐れて喋れなくなってしまう人が育成されている気がしてなりません。
単語・・・私も生活に必要なもの(野菜とか・・)ぐらいしか覚えられず、これで帰国したら何年ドイツにいたんだよ、と言われそうなレベルしか勉強してません。 いかん、もっと頑張らねば・・・
興味のあるものなら読む気にもなりますね。 私は日本の漫画のドイツ語版を買って読み比べてます。あまり実用性はないけど、好きなモノから・・・

投稿: カイエ | 2008年6月25日 (水) 06時27分

Juniさん、こんにちは〜。本当に久々の更新です。もう一つの方でこのネタを書いてたら、とても内容的に上げられないと思ってこちらに移しました。こちらで書くならもっと砕ければよかった。

そうなんですよ〜中性ってなによ!?て感じで、集中力があまりないので、「本当に勉強苦手だね〜」ってよく言われてます。机での長時間は無理なんです。

イタリア語ってやったことないから、全然わかりませんが、こちらも男性・女性があるんですよね!?

投稿: たまねこ | 2008年6月25日 (水) 14時53分

カイエさん こんにちは。
そうなんです、日本は文法優先で間違えると冷たい視線。。。そんなこんなでつまらないし、値段高いから学校は行かなくなりました。でもバーみたいな所で会話!とかよくやってるけど、そっちはそっちでペラペラすぎ。って理由つけてはいけないんですよね。わかってるんですけど、、、
好きな物!こそというけれど、私はあまり好きな漫画がドイツになかったもので、ラピュタのDVDを買ってきたけど結局一回しか見てないし。でもやっぱり好きなものからですよね。

投稿: たまねこ | 2008年6月25日 (水) 14時57分

たまねこさん、こんにちは。
私の脳はアルファベットに拒絶反応が出ます。(国文科出身)

イタリア語の男女別は語尾でわかりやすいのですが、面倒なのがそれに伴う冠詞の変化で、冠詞と前置詞が一体化している単語があるのですが、それらが男女別や単数複数で色々変化します。
また、イタリア語の最大のいやらしさは主語を省略するので、動詞の変化の多さでしょうか。規則動詞ならまだ良いのですが、不規則動詞が・・・。
原形の動詞があり、一人称、二人称、三人称で変化し、それぞれが単数形、複数形と変化し、なおそれらが直説法(現在、半過去、未来とまた変化)、接続法(現在、半過去と変化)、命令法現在、条件法現在、ジェルンディオ(仮定法の一種)、過去分詞と変化しまくり・・・。
これらを理解して会話するイタリア人て、相当賢いなあと思いますが、子供の会話だと結構まちがいが多いらしいです。イタリア語は絶対文法重視で始めないほうが良いのではないかと思います。
イタリア語って歌うために作られた言語って気がします。たしかに耳障り良いですから。

投稿: Juni | 2008年6月26日 (木) 17時34分

Juniさん、こんばんは。
もう、説明読んでて頭クラクラしてきそうです。
条件法現在?ジュルンディオ?これはドイツ語にもない気が、、、
動詞の変化はドイツ語と一緒ですね。また変化かよ〜そしてこれは不規則!?てのが次々と。そして先日勉強してたら熟語はいっぱいだし、前置詞で色々変わってくるし、関係代名詞になったら前後で格変化確認できなくなるし、、、もうわかりません。
イタリア語、主語を省略するんですか、これまたわかりにくそうですね。

投稿: たまねこ | 2008年6月27日 (金) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 展覧会に猫 | トップページ | EURO2008 準決勝 »