« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月14日 (水)

さかな三昧

今在住している杉並区のO駅周辺は、とりたててわざわざ来るようなお食事処はないとしても、基本は美味しく安い処がいくつもある。しかも食材は他にはないほど充実している。特に魚!!築地に行くのがあほらしいほどT7の地下などでは新鮮で安い美味しい魚が堪能できる街。独り暮らしをしていたこの街周辺にその後も住むことを決めたきっかけでもある。

先日、もう夕飯は作る気がないので外食でもしようかと出かけた。O駅までは自転車で20分かかるので、徒歩10分くらいのスーパー内のモスでお茶したあと、近くのネパール料理屋でカレーでも食べて帰るか〜とそこのスーパーを一応ふらり。
そこは基本高級スーパーなので、普段あまり食材は買い物しないのだが、ちょうど閉店1時間前で以前もその時間に値下げをしていたのでちょっと行ってみた。
「鮮魚コーナーが大変なことになっている」とヤが呼びに来たので行ってみるとどれでも3パック1,000円というじゃありませんか!

が、それは普通で考えれば700円くらいのものが3つで1,000円とか、せめて1,000弱のものが3つと考えるところ。しかし、、、並んでいるのは800円くらいの小さなパックからなんと3,000円の刺身盛りまで!!!
私「この盛り合わせは違いますよね?」
店員「このビニール袋に入れば何でもいいですよ」
と、その袋はすごく大きい。ほんとか?この店員は何か間違っているのではないか?

と思いつつ、残っている一番高い3,000円の刺身盛りに、本マグロも入っている2,000円の刺身盛り、1,800円のブリ刺身用ブロックを手にして渡してみた。袋に入れられ1,000円のタグを貼られ「ここを見せて下さいね〜」と渡された。渡された時私は思わず「すいません。」といってしまったくらい、驚きの総額6,800が5,800円引き!!この1時間前に来た人たちはこの値段で買ってたんでしょ?いいんですか本当に。

もう狂喜乱舞し出した私たちは、おかしなテンションのまま隣の巻物50%へ。勢いそのままおいなりさん、巻物に穴子寿司を買う。パラパラしかいないお客の中、高額商品にありつけた2組のお客さんが同じように驚喜して買い物していた。「そんなにあっても食べれないよ」と奥さんが言っても「俺が食べる!」と目の色が輝く旦那さん。どこのおうちも一緒だなぁ。

我々はついでにお総菜コーナーも。普段手が出ない高級ソーセージ半額とか、コロッケ半額とかベーコン半額とか、今週の食材分くらいカゴに入れ「もう夢だっていわれないうちに、精算して逃げよう」と店を後に。こんな事あっていいのか〜と寒い夜空の下でも足取り軽く帰りました。そして並べてみたのがコレ!!
Sushi

ブリのブロックは大きかったので流石に冷凍。ここはスーパーでもお魚は美味しいのは前から知ってたので思いかけずのラッキー!残り物に福があり。お腹で魚が踊るほど食べました。ごちそうさまでした♪

| | コメント (2)

2009年1月 8日 (木)

年に一度あるかないか

Dsc08778

空気が乾燥していて本当に喉がカラカラですね。
風邪も少しづつ良くなって、今日は家から出れそうです。
今朝は年に一度、もしくは数年に一度あるかないかの事がありました。
私がヤを起こしました。
全く持って誇れることでも何でもないのですが、我が家はヤがいつも私を起こします。ヤは目覚ましが鳴る直前に目覚める人、私は目覚まし鳴っても寝る人。鳴っても気にならないので休みの日でも普通に携帯の目覚ましを放置していると「消すのはワシなのだから解除しておいて」と言われます。そんなヤを何故起こしたか、、

それは2人して風邪っぴき続行中の昨晩、あまりの乾燥と寝室の寒さに二人して咳が止まらず、最終的に4時頃温風ヒーターの加湿を付けることでやっと眠れたから。しかも私はここ二日熱もあって殆ど寝ていたので起きれたわけですね。ってー世の中の主婦の方々は毎日旦那様を起こし、お子さんがいらっしゃる方は風邪をひいても寝てられないんですよね。頭が下がります。まだまだ修行が足りません。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

アケマシテオメデトウゴザイマス

Dsc08807

2009年が始まりました。
が、、わたくしもヤも風邪っ引きスタート。
年末から胃の調子が悪く大晦日、昼に実家で錦卵(中央)を作って帰ったらダウン。栗きんとんはヤが作りました。手前は母の伊達巻き。今年は格別にキレイで美味しいです。
胃の方はこのお節食べたさに元日復活。しかし夜にはまた熱が出るわ、ガラガラ声だわ、、、こんな2009年の始まりです。どうなることやら。

皆さんも健康な一年を。
よろしくおねがいいたします!

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »