« 2009年10月の出来事 | トップページ | 下戸で悪いか! »

2009年11月26日 (木)

世の中はクリスマス


091124_2018
先日新宿行ったら、タイムズスクエアあたりはイルミネーション一色。
怪我してから荷物があまり持てず、今も長く持ってられるのは小さなハンドバッグのみなので、ほかはゴロゴロ荷物を引いています。カメラも重いからと持たなくなって久しい。のでこれは携帯写真。こういうとき、東京の駅はエレベータないと辛い所が沢山あるのがわかります。仕事柄、重い荷物を取りに行ったりなどもあって、地下鉄のエレベータのある入口にわざわざ遠回りして改札いったら、こんどは下がって上っての階段をクリアしなければホームに行けないことが判明。。。その時はがんばっても持てない重さだったので、駅員さんが持ってくれました。。。(最初は「上りと下りが同じホームの駅は一番近くてどこですか?」と聞いて、訳話したらもってってくれた)

もう家の中にいるときは忘れるくらい大丈夫になりました。
思えば最初から背中の肉離れが一番痛いかも。。。指はすぐヒビが判明して固定したからだけど。今も肉離れには冷感湿布が必需品だが、寒がりな私にはとてもとても無理。ってことで同じ成分のぬりぐすりと固定バンドで過ごしています。今まで薬に湿布にバンドでないと、痛みが引かなかったから前進してますね。

先日やはり過去に背中の肉離れを起こした人にあった。
なかなかいないですからね。
指に包帯をしていたときは、エレベータでもお店でも「大丈夫ですか?どうしたんですか?」と声をかけられた。小銭を落としても暖かく見守ってもらえたし、荷物も持って貰えた。
しかし背中はそうはいかない。ビジュアルで見えないですからね〜。今はまごまごと動く左手で小銭を落とし、早くしろよ〜って訴える目線を感じている。

|

« 2009年10月の出来事 | トップページ | 下戸で悪いか! »