« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

おめでとう、でも。。

Dsc00113

フィギュア世界選手権、今期最後の試合でした。

我が家には民放しか見れないので、優勝は知ってたけどフジで録画して見た。

で、見てて、、、ん?んーーー?

結果は知ってたので、抜粋で見てみたが、

まず鈴木選手。私はこの方の演技は本当に好き。皆をハッピーさせる演技で本当に素敵です。だから来期も是非見たい。

次ぎ安藤選手、今までで一番良い演技。彼女はどんどんキレイになりますね。でも点数出ない??なぜ?

そして浅田選手。パーフェクトで素晴らしい演技!そしてやっと見れた完成系の「鐘」。今回のは本当に力強いだけでなく、とても美しい演技。ラフマニノフが本当に表現されてる。

何で彼女の過去の「かわいさ」ばかり求めるかな。そのイメージが強すぎるから、彼女はこのプログラムにこだわったのだと思う。そしてそれは正解だったし今後に生きてくる。かわいさ、美しさ、やわらかさ、強さ、色々な面から表現できることこそ、真の表現力。もう十二分すぎるほど持ってますよ。これからどんな「浅田真央」が出てくるか、わくわくします。

しかしここでもまた疑惑の判定。
3A回転不足??海外のメディアも解説している人たちも「まわってるのに何故?おかしい」と言ってます(ジョニーやコーエン、イギリスメディアなど)。日本の解説陣は何か規則があるのか、絶対に口にしない。母国の選手だぞ!?

それから某世界チャンピオンの演技に驚き。

オリンピックは確かに良かった。今回はやる気なし。筋肉に緊張感なし。ポジションも適当。ステップなし、ボロボロなのに、解説陣絶賛。点数は幻加点の合計。(得点の詳細見てびっくり)

絶対長洲選手か安藤選手がメダルだろうが!!

普通にやればちゃんとした選手だと思っていたし、実力もあると思う。オリンピックはあの中でミスしなかったのは凄いし、筋肉もしまっていた。しかし今回の演技に態度。インタビューでは度々「?」な発言があったが、あの点数にガッツポーズする神経。記者会見での態度の悪さ。表彰式も。もう呆れて何も言えません。

でも何より驚いて呆れたのは日本のマスコミ。腐ってますね。ここまでとは世も末です。
映像見ておかしいと思ってたんです。音が。歓声の入れ方が何か変。音量の調節してないか?と思ってyoutubeで他国の放送を見てみたら、やはり思った通り変えていました。真央ちゃんの時は歓声を小さめにして、点数が低くて出たブーイングなども入らないようにしてる。他の選手にも点数が低くてブーイングが多かったとか。そういうの全部消して、なぜかニュースでは見事な銀メダルの報道ばかり。しかも転んだのは放映してはいけないようだ。真央ちゃんの事は一瞬。もーフジは見ない!と思ったら他もらしい。君が代は絶対流さないようにしてるらしいし。こんなに占拠されてて大丈夫ですかこの国?

後味悪いシーズンでしたが、それを感じてるのは選手達。
何とか来年は気持ちよいシーズンになって欲しい。

とにかくお疲れ様!優勝おめでとう!!

(長洲選手も次ぎから怖い存在。でも素晴らしいから楽しみ)

|

2010年3月16日 (火)

食欲の春

Dsc00080
引き続き、写真は井の頭動物園。目が印象的で、3羽がこちらをジーッとみていました。あっという間に3月半ば。最終日に確定申告駆け込み終了。今年こそ、少しづつ入力しておこう。と、毎年思うのだがねー。。。急に暖かいと眠い。そして仕事が立て込んでいると、食べることしか頭になくなる。あースポーツしまくってた私はどこいった???

|

2010年3月 8日 (月)

リスー

Photo

ヤ撮影の吉祥寺・井の頭動物園のリス。リスとは触れあえますが、早すぎて人間はついていけない。。。私も鞄に乗っかられたが一瞬でよくわからなかった。でもかわいい。

動物園内には、たぬき・アライグマ・ハクビシンもいた。
全員「保護地:杉並区」。
我々が去年何度も見たのは、やはりハクビシンでした。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »